前へ
次へ

今家族葬が選ばれている理由とは

かつて葬儀と言うと、親戚や友人、更には近隣住民など様々な方が参加をして故人を見送っていました。
しかし、近年故人の高齢化に伴い付き合いのある友人が少なくなっている場合や地域コミュニティの崩壊に伴い、地域との交流がほとんどなくなっている方が多くなっています。
そのため、葬儀に参加する参加者が減少傾向にあります。
そんな時代の変化の中で注目を集めているのが家族葬です。
一般葬ではなく何故注目を集めているのか、その理由はまず何と言っても故人と落ち着いて別れることが出来る点です。
一般葬の場合、参列者に気を配りながら対応しなければなりません。
そのため、ゆっくりと故人を見送ることが出来ません。
しかし家族葬の場合は参列者は気の知れた方であるため、そういった参列者への気配りは不要でリラックスした状態で思い出話を話しながら故人と別れることが出来ます。

堺市立斎場での葬儀は24時間365日いつでも相談することができるので安心です。

新潟のVIPシティホールはあらゆる形式のご葬儀に対応いたします

遠方で片付けが進まないあなたのための業者
わんぱくお掃除はあなたに代わりにお片付けさせていただきます

http://www.pet-keihan.com/

霊安室に付き添いできる
堺市立斎場をご紹介しております

それ以外にも自由な葬儀が出来る点も注目を呼ぶ理由の一つです。
故人がかつて趣味で集めていたものを展示しながら葬儀を行ったり、料理は葬儀社に依頼するのではなく行き慣れた店で食事をしたり、返礼品を用意しなかったりと一般葬ではなかなか実現することが出来ないことが実現でき、自由自在に葬儀を行うことが出来る点も魅力です。
更に、葬儀の際に必要となる費用を抑えることが出来る点も注目を集める理由です。
一般葬と比べて小規模な家族葬の場合は費用を安く抑えることが出来るため、少ない予算でしめやかに行いたいと考えている方に注目を集めています。
但し、注意しなければならない点もあります。
それは誰を参列者としてお声掛けをするかです。
故人と親しくしていた人を誘う場合の親しいの基準はあくまで個人です。
そのため、なぜ呼んでくれなかったのかといったトラブルに発展する可能性があるので、その点は十分に注意をした上でお声掛けをするように心がけましょう。
一般葬よりしめやかに自由に葬儀を行いたい、そんな方は今注目を集めている家族葬で個人の最期を見送りましょう。

Page Top